FC2ブログ

一途なタンポポちゃん 107話まで

あ~あ…
テオは、ヨンスにドゥルレの元を去らないと宣言する。
良心も苦痛も捨てて、ドゥルレを守る、と。

しかし、タイガー親父の、裏の顔=野心満々、「邪悪な心」を目の当たりにした衝撃は、想像以上のものであった。
脅してきたヨンスに向かって、「テオが、ドゥルレを好きでたまらないと言ってるんだ。しかも多大な財産を持つドゥルレを嫁にしない理由がないだろう?」と、挑発に乗って口を滑らせてしまう。
パンソンジェを受け継ぐであろうドゥルレを、財産=モノとしか見れないタイガー親父、とテオは感じてしまう。
そんな父親のそばに、ドゥルレを置くことはできない。
テオの純粋かつ繊細な心は、耐えることができないのであった。

世界で一番テオを愛してるタイガー親父。
愛し方を間違っているが、愛していることは事実である。
テオも、タイガー親父が愛してくれていることは分かってる。
父を嫌いたくないのに…。
チャン・マダムに対して、何も言わないのも、孤独な父親への配慮だったとは…。
泣けてくるわ~
幼い時から心が弱く、傷つきやすかったセヨンのことも、妹として愛してきた。

いつしか、テオは、本気で考えるようになる。
「愛する人から去ることも、愛なのか」と
ここで疑問。
一体、テオは、誰から去ろうとしているのだろうか?
一見すると、ドゥルレのように思われるが、場面の流れからすると、愛する家族から去るというふうにも、取れる表現なのである。
はっきり、誰とは教えてくれないのである。



実は、テオ役が一番演技が難しいキャラだったのですね。
この複雑な感情を、表現しなければならないとは。
セヨンやヨンスの葛藤は、分かりやすいし、演技でうまく表現できなかったとしても、セリフで感情を理解できる。
ドゥルレは、基本、単純で明るいし、自分にとって何が一番なのかを分かっているので、感情を理解しやすい。
テオの苦悩は(ドゥルレ養父が、タイガー親父におとしめられた事実を知って、ドゥルレを避け始めた頃から)セリフが少ないために、表情と行動で、感じ取るしかない。

はっきり言って、展開はめちゃくちゃ遅いですよ。
ここにきて、序盤のような劇的な展開はない。
ドラマらしくない。
毎日同じことの繰り返しと、飽き飽きされるぐらいに、それぞれの心理状態を描いてます。
「父親の心の邪悪さ」ひとつだけで、これほど苦悩するテオに、何十話も時間をかけるなんて思っていませんでした。
繊細過ぎるだろう
ドラマというより、小説。

でも、テオにとってそれは避けられない、未解決の問題だったわけです。
産みの母は去り…。
テオは、幸せな家族を求めていた。
でも、そんな夢は叶わずに…。
奥様から愛されることのない父親を見て、育ったテオ。
何度も浮気をして、奥様を苦しめてきた父親。

大学時代に、それが原因で、家を出た。
自分が出て行けば、父親は目を覚まし、変わってくれると思ったのかな?
ただ単に、苦しかったから、逃げ出しただけ?
ここまで、父子の問題が根深いとは思わずに、ドゥルレとのラブストーリーばかりに集中して見ていたので…。

愛するドゥルレの父・ミン・ガンウクを殺そうとしていたうんぬんというよりは、「父親の心の邪悪さ」に苦悩してるんですよ。
父親の「心の醜さ」が、テオにとって一番の衝撃だと、描いているんですよ。
そんな気にするところかよ~って、なりそうなくらい、大げさに描いてますよ。
タイガー親父も、テオに見られたと気付いた途端…
「テ、テオや…」って、反応が。化けの皮剥がれちゃったみたいな
やっちゃった~、みたいな表情するんですよ。
すげ~
「心」の問題ですよ。
素敵~~~



そうか~、セヨン→ヨンス→ドゥルレ→テオの順に、苦悩してきたのか~
テオの問題が、一番重いな~
セヨン&ヨンスは、復讐に逃げたし。
ドゥルレは、受け入れることにしたし。
テオの決断やいかに。

正義感が強く、知的で、傲慢そうに見えて優しく、温かいロマンチスト。
ボクシングに、ラブシーンも上手くないといけない
残るは、涙・泣きのシーンだけですけど、あるんでしょうかね?
テオ様の美しい涙を、拝みたいです
ヨンスは、涙もろいのか、よく泣いてますけど。(たぶん、台本には泣くとは書いてないと思う



テオは、ドゥルレに「愛してる、愛してる」と言われても、返す言葉が出てこない。
自分は、許されないかのように「愛してる」と口に出せないのである。

ドゥルレは、テオが自分と一緒にいる時に悲しそうで、幸せじゃない表情をしているのが、とても切ない。
でもね、テオは今、誰といても、悲しい表情をしてるよ。
家に帰っても、とても悲しそう
少なくとも、ドゥルレといる時は慰めになってると思うよ。

テオへの愛に狂ったドゥルレは、タイガー親父(父親を殺そうとした張本人)と2人きりで食事だってできるのにさっ!
ほんまにすごいわ、男前ドゥルレ!
テオのことしか考えてない!
ドゥルレは、テオとは反対に、単純明快はっきりした性格なのです!



タイガー親父もね、ドゥルレのこと、パンソンジェ込みではあるけど、大分気に入ってるよ?
「テオが、ドゥルレを好きでたまらないと言ってるんだ。しかも多大な財産を持つドゥルレを嫁にしない理由がないだろう?」と言ったのも、一見すると、ほんまに欲望の塊だから言ってるように見えます。
めっちゃ、人相イカついから。

でもね~、ヨンスの挑発に乗っただけで、すべてが財産目当てではないというふうにも、感じるんですよ。
タイガー親父が、口ベタすぎて、勘違いされやすというか…。
第一に、テオの愛する人と結婚させたいと思ってるように、感じるんですけどね…。
じゃあ、テオ、いいんじゃね?って、思いますけどね…。
白黒はっきりした、清廉潔白が大好きな心の美しいテオ様には、困難な道なんでしょうね



タイガー親父が、ドゥルレとその家族たちの仮差押えとなった店を助けてくれるんかな?
そして、お返しにドゥルレはテオを助けるために、タイガー親父の会社に、入るかも!?
そして、タイガー親父を倒そうとするセヨン&ヨンスと、全面対決かも!?

あ~あ、それとも海で決別ですか?

その結果は、明日分かりそうですわ
スポンサーサイト
10 | 2018/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
韓ドラ♡ブログサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター
月別アーカイブ