FC2ブログ

TV小説 波よ 波よ 110話まで



ミジンの流産はミジン母によって既成事実化した。
ミジン父は、スニョン叔母をキャバレー社長を使って呼び出す!!!
選挙前に問題を起こしたくないミジン父は、おとがめなしでスニョン叔母を帰らせる…。

スニョン叔母が、ミジンを流産させたと知ったスニョン。
ミジン父の脅しにおびえ、ミンスが心配なスニョンは仕方なく見合いをする。



口の軽いミジン母は、ミジン父にミジンの流産はスニョン叔母のせいじゃないと台所で言ってしまう。
ちょうど台所に来ていたジョンフンは、聞いてしまう。

盗み聞きによってストーリーが進んでいくご都合主義ドラマだ!!!
ミジン父の社長室も、ノックをせずにドアを開き、誰もが盗み聞きし、話をしている者たちは全く気付かないのが、お決まりの手口だ!!!

さらに、ミジン母は寝室でミジン父にミジンが妊娠自体していなかったことを口にする。
絶対にジョンフンにバレてはならないと釘をさすミジン父であった。



ミジンの妊娠について疑いを持ったジョンフンは、産婦人科に行く。

ミジンの主治医は、ミジンが妊娠していなかった事実を伝える。
主治医は即行でミジンに連絡する。
ウソがばれたミジンは、焦りまくる。
ジョンフンはミジンを呼び出し、妊娠を喜んでいたジョンフンの実家に真実を話すように求める。



キャバレー社長がジョンテに濡れ衣を着せた事実を、ミジン父が黙認していたことを知ったジョンテ。
ジョンテは、ミジン父の過去について調べ始める。

ジョンテ祖母は、全財産の入ったカバンを、手首に大きなほくろのある男に戦時中に盗まれたと告げる。


夏になり、暑くなったのでキャバレー社長は、上着を脱ぐようになった。
社長室に書類を提出に行ったジョンテは、キャバレー社長の左手首のマジックペンで書かれた大きなホクロを目にする!!!

まさかと思ったジョンテは、母にあいさつという名目で社長のマジックペンホクロを見せ、確認してもらう。
しかし、母には、分からなかった。



次に祖母は、カバンには、ジョンテ父のイニシャルが書かれた懐中時計がセットであったと告げる。

キャバレー社長の懐中時計を探ろうとするジョンテ!!!

スポンサーサイト
08 | 2018/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
韓ドラ♡ブログサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
リンク
アクセスカウンター
月別アーカイブ